Military Studies on Table Top Wars

ミリオタっぽい観点からミニチュアゲームの考察を行ったり、所属サークル内でのストーリーを掲示するブログ。

入門「2万円で始めるスタートアーミー!」はじめに。8版エディション

1.はじめに

この企画は過去このブログで行われた2万円で始めるスタートアーミーの復刻版となっております。

40kユーザーと言えば日常でコデックスを見られる方は多いと思います。
最近だとスマートフォンに電子書籍が導入できたり、本を持ち歩いている熱狂的なファンもいらっしゃると思います。電子書籍なんかはスペースマリーンコデックスはポケットの中へ収まっちゃうんですね。

そうやってパラパラと、人によっては画面をゴシゴシしながらコデックスを見ていると、一つの衝動が湧き上がってきます。勿論このウォーハンマー40kを知ったばっかりの初心の友も同じ衝動が湧き上がってきます。

このアーミーマジで欲しい!俺は今からこれを始めるぜ!

このような衝動に正直に従い、ホビーセンターやショップが近くにある人は休日に突撃し、遠い人は夜な夜なフォージワールドや通販サイトを見て物欲を爆発させます。しかしそこで現実を目にしてしまうのです。とてもとても残酷な、現実を。

アレもコレも欲しいぜ~!アレ?これはさすがに買いすぎだぞ?!

物欲暴走した趣味人は言わばモンスター!アレもコレもよと新製品やカッチョイイミニチュアが欲しくなってきちゃうものです。でもドカ買いするとミニチュアは実際高い!夢の合間にあるノンレム睡眠のように我に返ってしまうのです。特に、初心者の頃はそんなに初期投資しないと遊べないの?となってしまいます。でもちょっと待って!

賢い始め方、しませんか? 気になる人は続きへ!


TS3O0277.jpg

筆者の物欲が爆発して失敗した結果。これ塗ったら満足しちゃいました。


2.基本ルール説明

当記事は筆者の気合によってどんどん増えていくスタートアーミー指南コーナーです!

新しいアーミー欲しいけどウォーハンマー40kたけえよ!などと嘆きのアナタ!
アーミーカッコイイけど何をかえばいいんだいとお悩みのアナタ!


そんな皆様の為に「5つのアーミーを持つ男」わたくし鉄が、低予算でこんなカンジにアーミー組めるよ!と指針をまことにエラソーながら提示してみようかと思います。ただ、やっぱりみんな無責任な話はノーセンキュー!だと思います。そこで、基本的には筆者が戦ったことの有るアーミー、使ったことのあるアーミーから増えていきます。幸いにして広島は沢山のアーミーが居る戦場沢山のデータがこざいます

ただ、それでもやっぱ記憶をたどるのは時間かかりますので俺のアーミーマダー?なんて言ったら泣きます。ご了承ください。あと、キャラ違うだろってのもご了承ください。すぐ戻りますから。

基本ルールは以下の通りになっております。
(便乗記事がありがたいことに多かったのですが、当時はルール整備していなかったので、今回はある程度追記しました。ルールを順守せよ!とは言いませんが、こう推奨していることは覚えていて欲しいかなーなんて。)

・できればミニチュア代2万円前後で。
・2万円をどうしても超過してしまうアーミーは番外編として弁解すること。
・使える戦力は今売ってるものだけ。
・設定から乖離しない。
・ルール的なレギュはバトルフォージドかつパトロールデタッチメント。(総ポイントとパワーレベルは併記でお願いします。)
・勢力キーワードは特殊な場合を除いて1個で。
・ユニット選択指針は独断と偏見と判断。
・ルールブック代は数えない。スターターキット使用の際は明記すること。
・スタートコレクションがあるファクションは使用(スタートセットでも良い)。
・自分のミニチュアの写真は入れる。


taucom.jpg
筆者の4つのアーミーの一つ、タウ。くく、ヤツは四天王の中でも最弱……。

3.ルールの意味

Q. 2万も十分たけーよ!
A. ごもっともです。しかし、2万と言う数字はテキトーではありません。アーミーとは沢山の要素で構成されてます。特に、HQ1トループ1は絶対条件です。それをクリアするだけであれば1万円でも達成できるアーミーはあります。しかし、よく考えてみてください。先日後輩の冷静なナイスガイにこう言われました。

「でもそれだと記事書く必要ないよね?」

其の通りです。GWはスタートアーミーに最適だと入門セットを出してます。そう、スタートコレクティング。この記事ではスタートコレクティングをフル活用する方向で動きたいと言う自分の拘りもあるので、それを前面に押し出したいと思います。
だいたい1万1500円程度ですから、残りの8500円をどう使うかという話になるかと思います。


Q.どうして売ってるものだけなの?あと設定から乖離しないって?

A. ウォーハンマー40kは二つの側面を持っています。一つはダイスを振って遊ぶゲーム。一つはペイントしたミニチュアのコレクション。ミニチュアのコレクションとしたら設定と言う様式美がありますし、ゲームならばまずはちゃんと武器が欲しい。でもそもそも始めてそのアーミーのミニチュアを組み立てるのに、コンバージョンしてみーましょ!は正直ムチャ振りだと思います。なので、コレクションと見て充実して、みんながちゃんと作れるアーミーにすると言うことです。無論、絶版品の利用は避けましょう。例えばダークヴェンジェンスやブラックリーチなどですね。今すぐは手に入ったとしても8版期間中に手に入るためしがないからです。

あと、単純な話、強いアーミーの作り方なんてある程度プレイしたらわかりますが、強い駒だけ並べると設定という部分をスポイルするだけでなく、クソです。ファッキンです。極度にガチりたいならDoWに行きましょう。

Q.ユニットに関して不穏当なことが書いてあるけど大丈夫?
A. 執筆者が一人だからです。アーミーは5種持っていて、四捨五入すれば10年になるようなベテラン趣味人といえども、やはり持ってないアーミーまで解説するとなるとその道を極めた人から色々不満が出るでしょう。とは言え、さすがにタウで白兵戦しろ見たいな事は言いません。基本的には使った・使われた戦力をクローズアップするかと思われます。それをご了承の上ご覧ください。どうしても一言申す場合には、ツイッターアカウントまでリプライをどうぞ。内容を吟味しながら修正したいと思います。

Q.写真を入れろっていうのは?
A.この一連の記事は共有したい知識にしたいので、こういう処置にしました。自分の持ちアーミーの話をして頂きたいのであって、自分が持っていないまたはそのコミュニティに居ないアーミーに関して語ってもそのアーミーを持ってる人からすれば「違う、そうじゃないねん」となりがちだからですね。理想は組んだものをアーミー写真でお見せになるのが一番ですが、そううまくいかないのも分かっております。

Q.デタッチ及びキーワード固定はなぜ?ポイントとパワーレベル併記もなぜ?
A.これはいびつな形の始め方を抑制する狙いがあります。
例えば、帝国防衛軍をしたいと言って、レマン・ラスバトルタンクを3つと、ヒドラ対空自走砲を1つ買ってスタートすることもルール上は可能ですが、対戦相手も自分も楽しくないゲームを展開する可能性が見られます。また、帝国軍にありがちですが、つまみ食いアーミーを抑制したいというのがあります。スペースマリーンや帝国防衛軍、グレイナイトを混ぜるのは確かに楽しいんですが、各々の規模が少なすぎるとただの敗残兵の集まりにしかなりません。

なので、基本的にはスペースマリーンやケイオスマリーン、エルダー、ダークエルダーなどの区切りでして頂きたいと思います。
強いて言うならば、帝国防衛軍に関しては帝国防衛軍のキーワードで編成して頂きたい。スキタリ等も同じく帝国技術局区切りで。これらはキーワードがひどく細分化されている為の処理です。

ポイントとパワーレベル併記なのは、様々なコミュニティがあるからですね。広島ではマッチドプレイが主流ですが、他のコミュニティでは違うかもしれません。共有できる知識としての記事を求めているので、こういう処置ですね。

Q.ひょっとして、ステマ?

A.違います。
スポンサーサイト
  1. 2017/07/28(金) 18:21:05|
  2. 20kアーミー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<入門「2万円で始めるスタートアーミー!」スペースマリーン(旧マリーンオンリー)編『8版』 | ホーム | リブート>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://40kmilitary.blog.fc2.com/tb.php/29-2f585ffd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Iron_HMG

Author:Iron_HMG
広島ミニチュアゲームの会の末席にして帝国軍人。などと言いつつRTSやFPSなんでもござれなウォーモンガー。ツイッターではIron_HMGで出没中。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
IG考察 (1)
始めに (1)
表 (0)
リスト (1)
キャラ名鑑 (1)
年表 (1)
SM考察 (4)
活動報告 (1)
グレイナイト (3)
20kアーミー (2)
PPゲーム (1)
おふざけ (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR